« さくらんボーちゃんを探してください。 | トップページ | 田中信太郎さんと前山裕司さんのトーク »

2014年4月16日 (水)

竹本真紀個展「くりかえし」

竹本真紀個展「くりかえし」

【日 程】2014年4月24日(木)~5月6日(祝・火) 会期中無休
【時 間】11:00〜19:00
【会 場】高架下スタジオSite-Aギャラリー(横浜市中区黄金町1-6番地先)
【入場料】無料
【オープニングパーティー】4月27日(日) 18:00~

【問合せ先】
Tel:045-341-0254(チエン堂)

個展をします。

個展というと、だいそれた反応を受けることがあり、古里の友人が一升瓶もってかけつけてくれたり、お花が送られたり、、などということがありますが、

私にとって個展とは、作家の仕事なので、普通の人がお仕事するのと同じことだと思っています。

とはいうものの、改めて黄金町エリアマネジメントセンターのホームページに載せてもらったり、宣伝してもらったりしてみて気がついたのは、

ホワイトキューブ的な場所では、久しぶりの個展であり、黄金町で活動するようになってからは始めての個展だということに気づきました。

そして、私は実は2006年ZAIMに入居していたあたりから、ある美術商と関わったことがきっかけで、どんな作品を作っていいのか全くわからなくなっていました。

こうしてみたらどうか、ここの空間使って何かして、など、ほぼ受身の状態でお仕事をふっていただいてそれになんとか答えるというようなことでしばらく過ごしてきました。

それもこれも、地域のため、横浜のため、誰かのためにという原動力が手伝ってやってこれたことだったかもしれませんが、それも作家冥利につきるところもあり、かなり勉強させていただきましたし、力になりました。

しかし、いろんな組織やいろんな思想の入り組んだ中で物事を進めていく上で、自分自身が生み出した作品についてだけは誰にも邪魔されたくないという思いがあり、

気がついたら制作に打ち込んでいました。

そして原点へ戻りました。

自分は自分のために作品をつくっていました。自分が生きるためです。
食べるためではなく、生きるためです。

こんな文章を書いている今現在、作品はまだほとんどできていません。

始まる前からいろいろ書いてしまって、蓋をあけたら、え、これ?なんてことになっちゃうかもしれませんが、
たとえ、一点しか絵が出せないことになるかもしれませんが、自分自身と向き合ったうえで出てきた作品を展示しようと思っています。

よろしくお願いします。


Photo


|

« さくらんボーちゃんを探してください。 | トップページ | 田中信太郎さんと前山裕司さんのトーク »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« さくらんボーちゃんを探してください。 | トップページ | 田中信太郎さんと前山裕司さんのトーク »