« アーティストであり、コーディネーターであり。 | トップページ | »

2014年2月26日 (水)

黄金町でお店を開け閉めすることがどんなに大変か市はわかっていないのかな。

横浜市の方やNPOの人が空間プロデューサーの方々を連れて、お店に連れてきてくださったのですが、「黄金町にアドバイス」をくださるという。

いろいろ話をしたけど、お客さんたちはともかく、横浜市側に非常に腹が立ってしまった。(→しかも直接メールしてしまった。)

自分でお店出してやってみればいいんです。

黄金町でまだ商売していくのが厳しいこと、まだ完全に安全なまちになっていないこと。その中でも時間通りにお店を開け閉めするということがどんなにすごいことか。

311のあと、普通にまちの商店の人たちは営業していて、いかにここの人たちが何があってもお店をいつもどおりに開け閉めしてきたか、それが本当にすごいと感じた瞬間だった。

まちの人たちに教わることはあっても、「アドバイスしてあげます。」なんて名目で外部の人をかかわらせることはまず私のなかにはない。

と同時に、ぼやぼやしていると、コンサルが来て、どこでもありそうな綺麗なおしゃれなまちになってしまうのとかがすごくこわい。

ここのまちの人たちはキャラも濃いし、センスもいいし、頭もいいし、技術をたくさんもっているし、どんなまちにしたいかという話はいつもきいているし、それに沿って組み立てていけるように、自分たちのまちは自分たちでつくっていけるように、声をあげていかなければならないと思う。

それと、昨日、バザール2014ゲストキュレーターの原さんが言ったように、「黄金町」という名前がブランドでアジア各国に知れ渡っていること、もっとまちの人も誇りに思っていいと思う。

どこかでうまくいった事象をするっとスライドできるほど、甘くないし、本当に難しい。その難しさを現場にいない人間には肌で感じることなどできない。

これもあっていいし、これもあっていいがまちだと思うし、黄金町が都市計画のように整理されていないのは、一個一個交渉して場所を作ってきたコミュニケーションの足跡だと思う。

|

« アーティストであり、コーディネーターであり。 | トップページ | »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アーティストであり、コーディネーターであり。 | トップページ | »