« アートがわからないとかわかるとかということについて。 | トップページ | 2月9日まちあるきツアーをご案内します。 »

2014年1月 3日 (金)

八戸の画家今川和男油画展へ行ってきました。

本日は八戸三春屋で絶賛開催中の今川和男油絵展に行きました。

今川和男さんは、八戸では知らない人がいない画家で、馬をモチーフにしているのが特徴です。近年はお花をかいています。

初めてお会いしたのは中学三年生の頃、市内の工大二高の美術コースの夏期体験授業を受けに行ったときです。

当時中学校の同級生だった今川和歌子さん(今は八戸ポータルミュージアムhacchiの中心的な存在です。)のお父さんだという認識はありました。

体験授業では、配られた果物をデッサンするというもので、水彩画とパステル画をかきました。

以前この場でもかいたように、私は中学に入ってすぐに美術部へ入部しましたが、やむを得ず退部しました。

それでも美術がやりたくて、体験授業だけでも受けに行ったのです。

このときにデッサンの技法を教えていただいて、自分の絵がめちゃめちゃ上達したのを覚えています。
その技法を使いたくて、このときに初めて使ったパステルを親にせがんで買ってもらって夢中で絵をかき続けました。

そのときにお会いしただけなのに、私に会った瞬間、「私が覚えでら人かな?」と言ってきました。
(標準語にすると、以前会ったことありますか?とか、知り合いでしたか?とかいうことです。)

「私は中学のときにお会いしたことがありますが、美術をやっている竹本と申します。」
と言いましたら、

「あ、竹本さん、和歌子がいつも家で話してます。どうもどうも。」
と始まり、

開口一番
「私はここで絵を売っているんです。売ることが目的でない芸術も純粋で美しいけれども、私はとおの昔にそれを卒業して、絵を売っています。私は画家ですから、毎月個展をして全部の作品を売るんです。」

と言いました。

私は、展示するだけのアーティストよりお金にしようとする人の覚悟だとか仕上がりだとかがより作品を深くしていると感じているので、この言葉と感覚はすっと入ってきました。

今川和男さんは八戸在住で絵でたべていて、どこにも属さずに孤高の道を行っている。というのは子どもながらにも感じていましたが、どのような立ち位置で制作してこられたのかまでは知らなかったので、今日は話せて良かったです。

無意識に、「アーティストを職業とする以上は、年に一回個展するなんてのはおかしい、ほかの職業と同じように年中絵をかいて発表するべきだ。」と思ってやってきたのは、

今川和男さんが、中学生の私たちの前で、
「私はこのあいだ、個展をやって全部売れて二千万円くらい入りました。」
と言い放ったからだと今日気づきました。

地方で活動しながらも団体展に属さずに、確固たる信念で活動してこられたのがよく理解できました。

今川和男さんが私に話した絵を売るための三ヶ条、

①きれいな明るい色を使う。
②絵は品良く。
③値段を高くしない。

ギャラリーにも属さずに、自分の足で日本全国で個展をしてきた今川和男さんのパワーはものすごく、会場にあるのは全て新作でした。

近年の花の絵も素敵でした。

私や和歌子さんの活動には物申したい部分もあるようですが、応援してくださっているようです。
そのなかで今日言われたことは、昨年末から自分に自問自答していることへのかなりのアドバイスになりました。

元気もらってきました。

2014010320460000


|

« アートがわからないとかわかるとかということについて。 | トップページ | 2月9日まちあるきツアーをご案内します。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アートがわからないとかわかるとかということについて。 | トップページ | 2月9日まちあるきツアーをご案内します。 »