« 夢 | トップページ | アートがわからないとかわかるとかということについて。 »

2013年12月31日 (火)

2013年を振り返る。

2013年は私にとっても特別な年になりました。

いつからか走り続けてきて、家族の老いをきっかけにはたと自分を顧みることになりました。

と、それだけでなくとも本当にいろいろなことがありました。

というのも、いろんなことに誘っていただき、ひとまずやってみた年です。

初の経験として演劇に出たというのもかなりヘビーな経験でしたし、(パフォーマンスのようなのは何回かありましたが、台詞覚えてバリバリなのは初めてで。)

試聴室の企画で急にふられて5分間の映画を撮ったり、

毛嫌いしていたグループ展に誘われるまま出してみたり、

自分の作り出したキャラクターが一人歩きしていて、酔っ払いほやじ像が八戸に設置されてまちの人もよろこんでくださったり、

後半につれて福祉と教育との接点が深まったり、

そして、12月になってからバタバタといろんなことがありました。

自分が思っていることと、外から見られてる自分の違いもあり誤解も生じたりして、正直、生きた心地がしないくらい落ち込んでしまったけれど、結局は周囲に手を差し伸べてくださる方がたくさんいて、
数年ごしのわだかまりも解消されたりして、2013年最後の最後まで濃い一年でした。

来年に向けて、気になっていることは全部解消しておこうと、ここ二三日でも、よく人と話しました。

後厄とかだったのかな?

来年はさらにいい年になるように、お正月中は心身ともにお休みをして(とばかりも言っていられない実家の状況だったりもしますが)頭のなかも整理する時間をとりたいと思います。

2013年お世話になった方々、本当にありがとうございます。

2014年もよろしくお願いします。

|

« 夢 | トップページ | アートがわからないとかわかるとかということについて。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夢 | トップページ | アートがわからないとかわかるとかということについて。 »