« 「美術家竹本真紀の理論・八戸のアートプロジェクトの話」 | トップページ | 3歩すすんで2歩さがる」のオープニングトーク »

2013年8月16日 (金)

私の2013年8月15日は。

関内外OPEN!でポートフォリオ展示というのがあって、CHAP分の参加者をまとめ中。
私のアトリエの隣のロコさんはやりとりがアナログなので、参加の有無をききにいったら、たけちゃんはこういうことをお金もらってやってるのか?アーティストはタダ働きしちゃだめだ!
という話から、黄金町で活動しているアーティストは2000人もの女性がどんな思いをして働いていたのか、追い出されてどんな目にあったのか知らないでのんきに横浜市の世話になっているのか。みたいな話になり、そんなことはないですよ。とか、いろいろ言ってましたが、しまいには(いつものことですが)「みんながみんなそういうアーティストばかりじゃないんだ!!」と机をぶん殴って怒鳴ってました。
それからちょっと言い合いになりましたが、ロコさんいわく「日本のアーティストは世の中で何か起きていてもそれに対してリアクションするやつが少ない。手元のことしかみてない。」とのこと。それは国際展で他の国のアーティストの作品を見ると確かに私もそう思いますと。
話しているうちにロコさんが笑い始めて「俺の机ぶん殴る女も今どき珍しいよ。直感でブチギレることができる人が少なくなってるんだ。日本人で革命家として海外で有名なのは誰か知ってるか?与謝野晶子だよ。たけちゃんは与謝野晶子になれるかもよ。そんだけひたむきにやってるなら作品もっと作れ。」とかなんとか言ってましたが、「憲法9条が変わって日本が徴兵制になることに危機感をもったアーティストが何人いると思うか?俺の絵のベースには日本一美しい憲法9条が貼りこんであるんだ。」と、日本が軍国主義になるかもしれない危機感についてロコさんは一生懸命語ってました。
これが、2013年の私の終戦記念日です。
ポートフォリオ展示に参加するかどうかききにいっただけで、まあ、ガチで語ること3時間強。
結局、最近ロコさんのコーディネイトで入っている塩田さんに連絡することになりました。
塩田さん、よろしくお願いします。

|

« 「美術家竹本真紀の理論・八戸のアートプロジェクトの話」 | トップページ | 3歩すすんで2歩さがる」のオープニングトーク »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「美術家竹本真紀の理論・八戸のアートプロジェクトの話」 | トップページ | 3歩すすんで2歩さがる」のオープニングトーク »