« 「伊勢佐木警察署」展 ☆28日まで延長。 | トップページ | 八戸アートまちづくりシンポジウム »

2011年1月27日 (木)

私の仕事

私は美術家と名乗っています。

作家なのですが、コーディネートもやります。

その辺のことで、誤解が生じたのかなんなのか、近頃興味深いことがありました。

私にとって作品制作といえば、三度の食事と同じくらい大切なことであって、死ぬまでやめるということは考えられません。
それでめしを食うか食わないかということは別としてもです。

ZAIMや、創造空間9001への関わりをきっかけに、他の作家さんのコーディネートの仕事もするようになりました。
今はどちらの比重が大きいかというと、不思議なことに、同じくらいです。

例えば、複数の作家で展覧会をするときに、全体のまとめ役というのが必要になってきます。
個々の作品をきちんと見せるためには、全体としてもきちんと見せなければならないし、隣り合わせになる作家に関しても気を使わなければなりません。

これは、誰でもできるというわけでなく、こういうことをする専門職が必要になってきます。
わたしの身近な人の例で言うと、山野真悟さんがそのような専門職の人です。

9001やZAIMでの経験の中で、わたしもそれが専門職だと言えるほどになっていることにも気付かされました。

わたしの場合は、その場所でどういう風にすれば、全体が効果的に見えるか、公益的な事業と位置付けられるか、ということを考えます。

その中で自分も展示をすることになっている場合は、基本的にはわたしは、絶対にここがいい!というこだわりがあまりないので、(グループ展の中でのことですが)だいたいが、誰も展示に選ばなかった場所や、あまった場所を使って何かやります。

わたしが作家としてよばれた場合には、専門職の方に調整をゆだねます。
そして作品の制作だけのことを考えます。

こうやって、大きい展覧会というのをやっているわけですが、中には、人にゆだねることのできない作家というタイプの方もいるのだということがわかりました。

かといって、「売れたい」ということも言うわけです。

美術の世界も需要と供給ですから、人との関わりを持ったり、人の意見を真摯に受け止めたりすることがなければ、売れるということからも遠ざかると思うのです。

売れている人ほど、こだわりをきちんと持ちつつも、他の人の話をきく余裕や、柔軟性を持っていると思います。

コーディネーターとして、厳しい決断もしなければならないので、
「この作品のままでは、お金もらえませんよ。」
ということも言わないといけないのが仕事です。

しかし、古い付き合いだったことと、年上だったということもあり、プライドを傷つけてしまったのかもしれません。

ただ、このできごとでわかったことは、わたしがいつのまにかコーディネーターの専門職になっていたということです。

作家だけれど、お手伝いやバイトでやっていると思っていたことが、必死に仕事をこなしているうちに、かなりのスキルがついていたことに気付いたわけです。

最初の方に書いたように、わたしにとって作品を作るということは、生きることと同じことなのですが、
一方でコーディネートの仕事をしていくということで、腹をくくらなければならない。
と感じました。

|

« 「伊勢佐木警察署」展 ☆28日まで延長。 | トップページ | 八戸アートまちづくりシンポジウム »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「伊勢佐木警察署」展 ☆28日まで延長。 | トップページ | 八戸アートまちづくりシンポジウム »