« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月19日 (金)

横トリサポーターについて。

横浜トリエンナーレのサポーターの動きがおかしい。と、常々思っていた。
もちろん全てのサポーターではない。

わたしは一回目の横トリは業者として現場に入った。二回目は山野チームの施工スタッフ。

当然横トリのサポーターとの接点はあるし、仲良くなった人もいる。

ただ、わたしは、当時千葉県柏市から作業をするためだけに通っていたので、現場以外のところで何があったのかはほとんど知らない。

当然、大規模な展覧会だから、危険を伴う仕事、シビアな仕事、技術のいる仕事はわたしたちの仕事。
ボランティアさんは簡単にできる仕事で、安全な仕事をお願いしていたと思う。

ZAIMに入ってから、2008年の横トリサポーターのための詰め所というのがZAIMにできて、わたし自身はほとんど接点はなかったが、YCAPの原さんがとりまとめをしていたので、安心はしていた。

しかし、やはり、態度の悪い人というのは中にはいて、原さんも困り果てていたのを知っている。
原さんは急逝したが、亡くなる一週間前にサポーターさんの取りまとめにかなり苦労をしているというお話はしていた。

ちょうどわたしが取りまとめをしていたZAIM FESTAの直前に原さんは亡くなった。
ZAIMで何かしようとするときに、率先して手伝ってくださる方というのはだいたい決まっていて、その中で原さんの急逝はかなりの痛手だった。

それまで、連絡係だった原さんが亡くなり、YCAPのやりたいことの連絡を一時誰ととったらよいのかわからなくなった。原さん亡き後の後処理に奔走していた川崎さんが「彼のやりたかったことを調べて全部やろう。」と言って、連絡先を教えてくれた。

しかし、連絡係とはパンフの入稿ぎりぎりまで待ったが連絡がとれなかった。

音の問題、動線の問題があって、ZAIMのような様々な人たちが一度に何かやるというのは、相当気を使わないと、それぞれがやりたいことができない。

しかし、横トリサポーターのとりまとめ役がいなくなったあと、彼らは、突発的にいろんなことをやり始めて、現場が一時混乱してしまった。

AAPAのパフォーマンス中にも大声で話をして、「静かにしてください。」と言ってもやめなかった。
逆に、「なによ。」と集団で睨みつけられた。

ZAIMの会議の中では、サポーターはアーティストをサポートするものではないのか?邪魔をしにきているのでは?という話もあった。

このサポーターの組織の方たちが主催したシンポジウムに行ったことがあるが、公の場で、2005年の横トリはおもしろかったけど、2008年の横トリのサポーターをしてもつまらなかった。といううらみ節を唱える始末。

現在、横トリ市民アーカイブというものが結成され、ZAIMの別館で活動をしている。
何をアーカイブしようとしているかというと、2005年の横浜トリエンナーレの4人のキュレーターが置いていった書物、全国から集めたカタログなどだ。

彼らは横浜市にこれを保存するために活動場所と予算をつけてくれと言って活動している。

横浜市が、その組織を設置すると説明をしにきたとき、
「しっかりしたアーカイブを作ってほしい。サポーターの中には態度も悪い人もいるので、きちんと調整してほしい。」と言ったら、「しっかりやります。」と言っていた。

しかし、わたしはもう一度、そのアーカイブしようとしているものが、誰の所有物であるとか、本当に市が税金を出して保存しなければならないものなのか、きちんと市民に公開して検討しなおすべきだと思っている。

まず、原さんのやりたいことがこれだったとは思えない。
原さんはほんとにサポートの人だったから。

サポートというのはお手伝いであって、相手が手伝わなくていいよ。ということは、サポートしなくてよいと思う。
もちろん手伝ってもらう側も気持ちよく手伝ってもらうことが必要だし、サポートする側とサポートされる側というのは、自立した関係でなければならないと思う。

目の前にあるお手伝いだけ。何も期待してはならないと思う。
見返りを求めてはならないのだ。

「手伝ってるのに何もしてくれない。」「手伝ってるんだからそれをもらう権利がある。」という道理は通らないと思う。

お手伝いして相手が喜んでくれた。それだけでサポートの甲斐はあるはず。

「何もしてくれない。」と思い続けるのは非常に不幸なことで、「自分が何をしたか。」が重要だと思う。


| | コメント (0)

2010年2月 8日 (月)

束芋みてきました。

やっと束芋を横浜美術館で見てきました。
初めて見たのは横浜トリエンナーレよりも前だったと思います。
食糧倉庫で見た気がします。
そのときの衝撃はすごかったです。
職業柄、施工のの方を見てしまいますが、やはり映像の展覧会は、外から見ると暗いので、サインなどの見せ方は工夫しないと人が入ってきません。
美術館の場合は束芋がやってるという前提で見に行っているのでよいかもしれないのですが、入口が暗いとどうも入りにくいもんです。
これは、9001での印象ですが、その中でもシムラブロスのサインへのこだわり方は勉強になるところがありました。

あまり動員していないという話でしたが月曜日にしてはいろんな世代の方が見に来ていました。

実は横浜美術館は常設展が好きです。

どちらにしろ、美術館に行く時間というのは毎月つくった方がいいな。と思いました。
なんとなく原点に戻れる気がします。

| | コメント (2)

2010年2月 5日 (金)

オンデザインに感謝した日。

今日は、ZAIMでオンデザインの展示のオープニングでした。
今日からエルパックによる限定オンデザインZAIMカフェオープンです。
7日までやってるのでぜひ行ってみてください。

オープニングにすべりこみで行って、ラス1のつまみの家をゲットしました。
めちゃめちゃついてます♪

しかし、会場には知っている人がいなかったので、エルパックの近くで飲み食い。

つまみの家だけでおなかいっぱいになりました。

ぼーっとしながらあたりを見回していると、余計な装飾がなくなって空間だけがあらわになったZAIMカフェの姿がありました。

こんなに素敵な空間だったんだ。と思いました。

わたしは当初から、経営者に罪はないものの、grafのカフェを知っているだけに、ZAIMカフェが嫌でしょうがなかったんです。

加齢臭と葉っぱの香のイメージが強い。
いや~な場所でした。

でもその忌々しい記憶が一瞬で浄化された気がしました。

今日もZAIM恐怖症で、足が重かったです。
でも、ぎりぎりでも行って本当に良かったです。

展示もとても良いです。

感想ノートに、「最近わたしはZAIMがすごく嫌いになっていました。でも救われた気がします。ありがとうございました。」と書きました。

Tsumamihouse


| | コメント (0)

2010年2月 4日 (木)

技術や情報を教えてもらうということ。

最近、わたしの周辺には、自分が何か考えてみたり探してみたりしたわけではないのに、
「竹本さんにきけば。」といって完全にあてにしてくる人があまりにも多い。

わたしもなんでもかんでも知っているわけではないけれども、わたしは自分にできないことがあって、それを他の人に頼むのであれば、きちんと仕事として発注する。

その人が習得した技術や自分の足で集めた情報は、それだけの労力や時間がかかっているのである。

お金というだけではなく、気持ちのうえで、大切な宝物を譲ってもらったんだという意識は忘れてはならないと思う。

自分はデスクに座ったままで、「あの人にきけばいいじゃない。」という考えは捨ててほしい。

| | コメント (0)

2010年2月 2日 (火)

ツイッターでのこと。

最近ツイッターを始めたのですが、例えばmixiなんかと違って、相手が一方的につぶやいてしまったらそこに反論したくてもできないということがわかりまし。

わたしが腹をたてたのは次のようなことです。

*創造空間は夜の方が創造だ。

というつぶやきとホームレスの段ボールの写真。

これをみたとき、9001のスタッフの1人は「暴力だ。」と言いました。

これは9001に対してじゃなくてホームレスのおじさんにとっての暴力だと。

ホームレスじゃなくてもいきなり知らない人に写真を撮られて無断で自身のブログなんかに載せられたら誰だっていい気はしないと思います。

しかし、放っておこう。ということにしました。

しかし数日たってまたつぶやきが再送。という形で同じホームレスの写真が載ってて、
「4月から閉まるので昼も夜も創造。」
と、書かれていました。

ここだけ見ると、トイレのらくがきレベルのようですが、これを書いている方が、きちんとアートプロジェクトをたちあげ、某ビール会社の助成金をとって活動している方だから、むしろやるせない気持ちになりました。

横浜の中でも様々なアートスペースがあり、みんなで連携してやっていこうと言っているときに、他施設や他プロジェクトのよくない話をwebに書き込んだり、、。

協力関係にあったと思っていたのでなおさらくやしいです。

二回目ともなるとわたしもだまっておられず「施設を管理する身にもなってくださいよ。思うことがあるのであれば創造空間9001に。」と書き込みました。

やはり、だんだん悔しさは増して、いろいろ書きこみましが、相手から何かしらのリアクションはあるのかしら。

現場の竹本の仕切りが悪いだの、私自身のことを言われるのならばまだよいです。
使い勝手が悪く、制限が多い中でおもしろいスペースだと思って前向きに展示してくださった方々がいるのに、「夜の方が創造」とは・・。

とにかく、今週の÷3に、9001のこと書きました。
9001のスタッフは音響担当、美術施工担当、そしてわたしです。
そこで作家さんや演者さんが、こうしたい!という完成系をいかにベストをつくしてお手伝いできるかが、わたしたちの仕事でした。

わたしたちにとっては最高の創造空間でした。

| | コメント (7)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »