« これからTV にでます | トップページ | ゼラチンシルバーLOVE »

2009年3月12日 (木)

別れの記憶

だいたいにして、他人と他人が一緒にいて、何かしらいられないことが起こると別れが訪れるものと思っていたけれども、何も問題がなくうまくいっていたのに突然の出来事により別れなければならないことってあるものだ。と思った。
いざ、そうなってみると、走馬灯のように思い出がぐるぐると頭の中をまわり続ける。
やはり記憶はまわるのだ。
意外とその対象物や何かしているときの記憶よりも、会って帰る道や、そこまで行くまでの道の情景が何度も何度も出てきた。

冷静に考えると、ひとつの場所に留まっていることのできない芸術家の宿命でもあり、自分が設定している目標のためにはいつかは捨てなければならなかったことで、そのタイミングが予測不可能なためにわたしはただ、ただ、「なぜだろう。」と、考えているにすぎないのだ。

|

« これからTV にでます | トップページ | ゼラチンシルバーLOVE »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« これからTV にでます | トップページ | ゼラチンシルバーLOVE »