« 別れの記憶 | トップページ | 東北のアートシンポジウム »

2009年3月19日 (木)

ゼラチンシルバーLOVE

という映画を横浜のジャック&ベティでみた。
横浜がロケ地で、ジャック&ベティも撮影場所であったので、自分が今座っている客席と映画の場面とがリンクする瞬間もある。
横浜のなじみのある場所で映画は展開される。
ZAIMも使われていた。
セリフもほとんどなく、登場人物は少ない。
ストーリーもいたってシンプル。
宮沢りえが非常に美しい。
セリフのない、静かな画面の中にどんどんひきこまれていった。
その静かな動作は、コンテンポラリーダンスの公演を見ているかのようだった。
カタログを買って帰ったが、カタログもカードになっていてとてもおしゃれ。
好きな映画のひとつとなった。

|

« 別れの記憶 | トップページ | 東北のアートシンポジウム »

コメント

ご無沙汰しております。元気ですか。

この映画はよかったですか。気になっているのですが、観に行くことが適いません。いつか、DVDででも観たいと思っています。

それなのに何故か「武士の一分」は家で見ました。あれは、庄内藩での話のようですね。キムタクがぼそぼそと喋っていました。

アートラインのメンバーは函館と青森と十和田に行きます。ぼくは行けませんが。

投稿: 佐藤K(KAZZ Satoh) | 2009年4月 3日 (金) 13時16分

佐藤さん、こんにちは~。
いろいろと連絡できなくてすみません~~。

いい映画でしたよ~。
横浜で見るとなおさらです。

ストーリー性というよりもとにかく画面がきれいでした。

みなさん青森に行かれてるんですねー。


投稿: 竹本 | 2009年4月 3日 (金) 18時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 別れの記憶 | トップページ | 東北のアートシンポジウム »