« メゾン・ド・ヒミコの記憶 | トップページ | 東横線桜木町駅50年前の記憶 »

2007年8月27日 (月)

通り道の記憶

駅までの行き帰りの道に一軒家がある。
そこにある日、「忌中」の文字があった。
誰が亡くなったのだろう。
町内会掲示板を見た。
70歳代の男性が亡くなったらしい。
何度か見かけたおじいさんだ。
おじいさんは黙々と何かを作っていた。
竹ヒゴを格子状にしていって、大きな舟のような形のものを作っていた。
表情は真剣そのものだった。
楽しんで作っているというよりは、とにかく無言で着々と作業していた。
そこの前を通るたびにその作業が気になった。
完成したとき、おじいさんは一仕事終えた。というようにその造形物をじっと見ていた。
それがなんなのかわからなかった。
しかし、その数カ月後、その、たけひごに植物が生い茂っているのを見た。
菊だろうか。小さな花も咲いていた。
あまりの素朴な美しさに息を呑んだ。
なぜかその様子は一日しか見なかった気がする。
どこかに出品したのだろうか。
「忌中」の文字を見て、そのときの感動や、おじいさんの様子を思い出していた。
あれがおじいさんの遺作だったのだろうか。
生きることと表現すること、うまい言葉が見つからないが、有名とか無名とかそんなことではなく、必要だから作っているんだ。
そこに純粋表現があるのだ。
今日、そこの家の前を通ったら、外階段の踊場に、ケースに入った上品な乳飲み子をかかえた日本人形が置いてあった。
ケースの上にはきれいな白い布がかかっていた。
気味も悪くないし、人形のサイズも姿も上品だった。
なんらかの理由でそこの家の人がそこに置いたのだろうが、粋な感じがして良かった。

|

« メゾン・ド・ヒミコの記憶 | トップページ | 東横線桜木町駅50年前の記憶 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« メゾン・ド・ヒミコの記憶 | トップページ | 東横線桜木町駅50年前の記憶 »