« ライブペインティングの記憶 | トップページ | JAZZとライブペインティングの記憶 »

2007年2月12日 (月)

ライブペインティングの記憶2

ライブペインティング終了。
結構人通りが多くて話しかけられる。
スーパーがなくなった跡地にペイントしたので、みんな明るくなったと喜んでいた。
子供がよく通りかかったので、かわいい感じに仕上げた。
二回ほど男に間違えられた。
様子はmy worksにアップ。

|

« ライブペインティングの記憶 | トップページ | JAZZとライブペインティングの記憶 »

コメント

男に間違えられる、というのは興味深いですね。
そもそも何かに間違えられる、というのは面白い現象だと思います。道を間違えるというのも面白い。
「探す」と「間違える」という行為の差もそそられる領域です。

久しぶりに新宿で写真展をやってます。

「俺の新宿」などというものはもう無い、と思っていたら、できあがってしまった。会田誠の「俺の酒」という作業のおかげかもしれない。

(俺の)展示は24日まで新宿ゴールデン街のnaguneでやってます。ジャスミン茶ベースが旨い泡盛な二月。

投稿: 富永剛総 | 2007年2月19日 (月) 05時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163396/13884884

この記事へのトラックバック一覧です: ライブペインティングの記憶2:

« ライブペインティングの記憶 | トップページ | JAZZとライブペインティングの記憶 »