« 記憶を操作する。 | トップページ | 自殺した友人の記憶 »

2006年3月 7日 (火)

祖母とでかけた記憶

年をとってきて足が悪くなり、外へ出る機会の減った祖母と羽仁もと子記念館に行った。
八戸ニュータウン近くにひっそりとたたずむその建物はとてもよい雰囲気だった。
他に訪れている人はいなく、祖母と二人だけで展示物やビデオを観た。
入場料は無料。しかし、記念館の方には親切にしていただいた。
ビデオをみている間、お茶を二杯ずつごちそうになった。
祖母は「婦人の友」のポストカードを二枚買った。
ちょっと目を離したすきに祖母は靴をはこうとして転んでしまったが、祖母は照れ隠しに笑っていた。
なんとも心地良いゆったりとした時間だった。

|

« 記憶を操作する。 | トップページ | 自殺した友人の記憶 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163396/8978751

この記事へのトラックバック一覧です: 祖母とでかけた記憶:

« 記憶を操作する。 | トップページ | 自殺した友人の記憶 »