« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006年2月 9日 (木)

記憶を操作する。

会話の中に違和感があったので、「それ、ホント!?」と聞き返した。
すると先方は不安そうに、「もしかして何者かによって記憶が差し替えられたかもしれない。」と言い出した。
誰かが記憶を差し替えたとしても、なんの利益にもならないような小さなことだったので、つい、大笑いしてしまったが、実際に受験に失敗してから誰かに記憶を操作されていると信じきってしまった友人がいたということからの発想だった。
わたしの記憶の中にも何者かによって差し替えられた記憶があるのだろうか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年2月 7日 (火)

色の記憶

なぜかその色を見ると、なつかしく感じてしまう色がある。
なぜなつかしいかはわからない。
形はなくとも、その色だけで胸にきゅんときてしまうものがあるのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 6日 (月)

寝坊の記憶

今日、寝坊した。
勤務先には間に合ったが、近所の職場の先輩と一緒に行っているので、待ち合わせ時間になっても来ないので電話が来てそれで目が覚めた。
6年前、バイト先からの電話で目が覚めた。
大学のときは部活の遠征の朝寝坊した。当時住んでいた寮に先輩が迎えにきて初めて起きた。
寝坊するたび自分を責め、なぜ寝坊したのか原因を探る。
しかし、これといった原因は見つからない。
ただ、寝坊と気付くその瞬間まではとても心地よいこと間違いない!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 4日 (土)

SMの記憶

Mの人が言った。「カラオケって行ってないとすごく行きたくなるでしょ。Mもそうなの。」
その人が初対面で自分をさらけだしてまっすぐに語ってくるので、逆に健全だった。
MはSに絶対服従なので、「女王様になってください。」と言われて断っても、全く後をひかないのだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »