トップページ | 2006年2月 »

2006年1月30日 (月)

散歩の記憶

趣味は散歩。
初めて歩いたのに初めての場所じゃない気がする場所ってある。
引っ越してきて三か月ちょっとたった。
実は引っ越してきたこの場所、小さい頃から何度か夢にみた場所だった。
アパートだけ見て即決めてしまったが、住み始めて散歩しているとこ、これは、、.という感じだった。
四方八方どの方向に歩いても必ずぐっとくるものに出会う。
昨日は歩いていて不思議なトンネルを見つけたのでひたすら歩いてみると出たところに明治時代に使われていた獅子型の水道管というのがあって感動した。
今日は昨日ちらっと見つけた怪しいにおいのする古本屋に入り、表紙と目次挿絵が篠原有司男の鈴木清順特集「映画評論」と吉本隆明と埴谷雄高の対談本を購入した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月28日 (土)

水木しげるの記憶

最近水木しげると縁がある。
何をかいても水木しげる風になってしまう人。
水木しげる展で水木しげるの等身大人形を作った女の子。
小さい頃から水木しげるが大好きな人。
「あのときは精気を吸い取られたねずみ男のようだったよ。」と言われている人。
あなたの水木しげるの記憶はどんな記憶?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月27日 (金)

絵がうまかった記憶

子供の頃、コミュニケーションをとるのが苦手な代わりに絵が人よりはかけた。
絵をかいていると自然に人が集まった。
「友達になろう。」という言葉が言えなくて絵をかいていた。
気がつくと大人よりも絵がうまかった。
大人を冷ややかな目でみている自分がいた。
絵をかくといつも誉められた。
あるとき「もっとかきなさい。」と追いかけられたときがあった。
自分のペースでかきたいという思いと絵は学校で勉強するものではない。
という自己流の理論が生まれた。
しかしながら場所をかえてもどうしても美術の勉強をしたかった。
しかし機会に恵まれず、結局遠回りをしてしまった。
しかし、その遠回りが現在のパワーの源になっている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月26日 (木)

回転寿司の記憶

ファミレス風回転寿司に初めて行く。
未来の寿司屋という感じだ。
お寿司やデザートがただタンタンと流れてきて注文もタッチパネル式だった。
ごちそうになったので言えないが、味もたいしたことがなかった。
シャリもべちゃっとしていておいしくなかった。
シャリはロボットがにぎっているという。
なんか味気ないな。

本日の未処理記憶
「逆セクハラの記憶」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月25日 (水)

技術の記憶

新たな技術を習得する。
仕事ができるようになってくると楽しい。
仕事をしながら様々な話をする。
今日出た一つの結論。
「年齢を重ねると途中のプロセスが面倒になり。より直球になる。」これは男女関係に関してのことだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月20日 (金)

筋肉痛の記憶

昨日7年ぶりにバレーボールをして全身筋肉痛です!!
筋肉矯正ベルトつけてるみたい!!

本日の未処理記憶サンプル
「夜のshellがいい。」夜にぼんやり浮かぶshell石油の明かりが70年代を思わせるとのこと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2006年2月 »